タイ国立公園が韓国女優を刑事告訴!近年、タイと韓国の関係は悪化していた!

この記事は 約5 分で読めます。

日本では日テレ『イッテQ』の『タイ・カリフラワー祭り』などのやらせが問題になってますが、今度はタイを舞台にした韓国のテレビ番組のやり過ぎが問題になっています。タイの国立公園内で絶滅危惧種のオオシャコガイを不正採取した罪で、韓国人の女優を刑事告訴した模様です。近年、タイと韓国の関係は悪化していた。
写真は、フランスメディアAFPが報道の際に掲載したものです。
2019年7月13日追記:また、韓国の方がタイで拘束された模様です。


念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

タイ人は、昔から韓国が嫌いなようです。
 :
2010年のイギリスのBBCが実施した調査『Views of South Korea’s Influence』では、タイが世界で最も『韓国を嫌いな国』と報告。詳細は、下記参照。
 :
2014年の仁川アジア大会での八百長サッカー・八百長ボクシング事件が、タイ国民の怒りを買い、嫌韓が増幅された模様。
 :
更には、2019年4月、400人のタイ人が韓国で入国拒否にあった事件も発生。
  • バンコク週報:タイ人約400人が韓国で入国拒否「今は韓国に行くな」
  • 関係筋によれば、4月19日から21日にかけて約400人のタイ人が韓国で入国を拒否されたという。これは同国が外国人の不法就労対策を強化した結果であり、現在施設に収容され、送還の時を待っているとのことだ。

この措置は、韓国でのタイ人の不法就労者を強制帰国させた施策の一環と思われますが、タイ人の嫌韓をさらに増加させました。

韓国人女優をタイ国立公園が刑事告訴、番組内で希少な貝を採取

記事引用先:AFP(2019年7月6日)

【7月6日 AFP】韓国の女優がテレビ番組で、絶滅が危惧されるオオシャコガイをタイの国立公園で採取したとして、刑事告訴されていることが分かった。禁錮5年の刑が科される可能性もあるという。タイの当局者が6日、明らかにした。

有罪となった場合、イさんは国立公園法違反で禁錮5年、もしくは野生生物保護法違反で禁錮4年、さらにそれぞれの法律違反で2万バーツ(約7万円)の罰金を科される可能性がある。

韓国女優の二枚貝の不正採取が論議…タイから「犯罪人引き渡し」要請か

記事引用先:中央日報(2019年7月10日)

女優イ・ヨルムさん(23)がSBSバラエティ番組『ジャングルの法則』の撮影途中で絶滅危惧種である二枚貝「オオシャコガイ」を不正採取し、タイ警察が捜査に入った中で「犯罪人引き渡し要請」の可能性も提起されている。 

先月29日番組が放送された後、事態を把握したタイ当局は「イ・ヨルムさんを国立公園法と野生動物保護法違反などの疑いで刑事告発した。最大懲役5年刑を受ける可能性がある」と警告した。また「告発を撤回するつもりがなく、女優(イ・ヨルムさん)がタイにいなくても警察を通じて彼女を捜し出すだろう」と明らかにした。タイでオオシャコガイは「虎貝」と呼ばれ、1992年に制定された野生動物保護法により絶滅危惧種に分類される。不正採取すれば最大2万バーツ(約7万円)の罰金や5年以下の懲役刑、または両方とも処罰される可能性がある。

2014年:韓国が仁川アジア大会での八百長サッカー・ボクシング

韓国の不正疑惑を痛烈批判! タイで制作された怒りの動画が再生数200万回突破

記事引用先:Rocket News 24

2014年9月19日〜10月4日まで韓国で行なわれた仁川アジア競技大会。4年に一度のアジア最大となるスポーツの祭典であり、日本代表選手団の活躍は記憶に新しい。が、各競技で数々の「不正疑惑」が持ち上がり、後味の悪さを感じた人も多いに違いない。

中でもサッカー、ボクシングで不可解な判定のあったタイでは怒りが爆発。そしてそれを糾弾(きゅうだん)する動画が作成されるほどまでになっている。

韓国の王室侮辱にタイ国民は激怒

記事引用先:GLOBAL ASIA NEWS

2014年9月に開催された仁川アジア大会のインチキぶりに加えて、韓国の歩道に施行されたタイ国旗。温和なタイ人の怒りは収まらない。タイのネット界では、日本人の援護も参入して、さながら日タイ同盟と韓国のバトルの様相を呈している。

アジア大会以来、タイ人の間では確実に嫌韓ムードが広がっている。しかし、もともとタイ人は韓国人に対して、良い印象は持っていなかった。タイ人の間では、韓流ブームで若者を中心に韓流アイドル好きが増えた時期、日本がビザを開放する以前までは、本当は日本に行きたいけどビザを取るのが大変というだけで、韓国へ旅行に行くというものだった。

2010年:英BBCの調査した外国人たちが見た韓国のイメージ

記事引用先:韓国メディア『中央日報』

韓国に否定的:タイ 58%、ドイツ 53%、イタリア・スペイン 46%

ヨーロッパ主要国国民の間で韓国に対して否定的イメージが多いことが明らかになった。イギリスBBCが18日(現地時間)に公開した世界世論調査結果によれば「韓国が世界に及ぼす影響」に対し、ドイツ回答者の53%が「否定的」と返事した。肯定的と答えた割合は28%にすぎなかった。

タイの場合、アジア太平洋地域国家としては異例的に否定的評価(58%)が肯定(23%)を大きく上回った。

『バンコクでロングステイ』おすすめ記事!

タイ国民が新政府に求めるのは汚職撲滅・物価安定賃金上昇・犯罪麻薬撲滅!2019年選挙後の最初の世論調査!
2019年7月10日、プラユット内閣が発足。 新政府発足に際し、Suan Dusit Rajabhat Universityがタイ国民に世論調査を行った。 その結果、政治では『汚職追放』経済では『物価安定と賃金の上昇』そして社会問題では『犯罪麻薬撲滅』を強く望んだ。
Google翻訳アプリ『タイ語対応の進化が半端ない』街角で写真で瞬時に日本語化!
これまでGoogle翻訳のカメラはタイ語は読み込んでくれなかったので諦めてたのですが『Google翻訳の読み取り機能と自動翻訳が向上しました』とのメッセージが! 早速、街に出て試してみたら、これは半端ない! タイ滞在2年弱で最大の感動です! 『タイ語対応の進化が半端ない』
タイ国立公園が韓国女優を刑事告訴!近年、タイと韓国の関係は悪化していた!
日本では日テレ『イッテQ』の『タイ・カリフラワー祭り』などのやらせが問題になってますが、今度はタイを舞台にした韓国のテレビ番組のやり過ぎが問題に。 タイの国立公園内で絶滅危惧種のオオシャコガイを不正採取した罪で、韓国人の女優を刑事告訴した模様。 近年、タイと韓国の関係は悪化していた。
【更新】タイ事件簿:指名手配の沖縄県のヤクザがタイで逮捕!特殊詐欺拠点15人逮捕!
2019年7月10日追記:日本で指名手配された沖縄のヤクザがタイで逮捕された! Alleged Yakuza gangster, Chinese fugitive arrested in BangkokImmigrat...
タイメディアに翻弄される日本!西野監督タイ代表受諾>現地熱狂>否定、実はまだ交渉中
西野朗氏のタイ代表監督就任への検討を前向きに進めて頂きたいと心から願います。 今回の西野朗氏のタイ代表監督報道で気になる事が有る。 『現地の報道によると』との記事を多く見かける事だ。 そもそも、タイにおいては『ゴシップ大好き』『誤報、当たり前』なのに検証もせず報じた事だ。
◆タイ・自宅でも禁煙へ?家族への受動喫煙防止違反は違法◆8月20日施行◆
タイの『パタヤ・ニュース』によると、2019年8月20日以降、自身の自宅でも家族から嫌がられた喫煙者は『法律違反』に問われると報道されています。 ★★★タイで家族から嫌がられた喫煙者は『法律違反』8月20日以降法律が施行予定★★★
ランキングに参加しています。下の写真をポチッとしてくれると、更新の励みになって、涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

804人の購読者に加わりましょう

バンコクでロングステイ
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
バンコクで修業中。

コメント