... ...

バンコクノマドに朗報!無料コーワーキングスペース@101 The Third Place(プンナウィティ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

大きなスーパーやショッピング・モールがなかった、不毛の地 BTSプンナウィティに素敵なモールができたと聞き、早速行ってきました。

日本飯屋やキラキラには興味のない私が目指したのは、『無料コーワーキングスペース:Whizdom  Club』でした。

ビジネス的にはスマートシティ『Whizdom 101』プロジェクトのもと、複合型コンプレックス『101 The Third Place』に入居するテナント従業員や高層コンドミニアム『Whizdom Connect Sukhumvit』の住人などへのサービスを想定したものであろう。

しかしながら、この快適なスペースはオープンに公開されており、だれでもが利用できる空間となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

101 The Third Place(TRUE DIGITAL PARK)情報

  • 場所:BTSプンナウィティ スカイウォーク 徒歩5分
  • 営業時間:24時間
  • 住所:101 Sukhumvit Rd, Khwaeng Bang Chak, Khet Phra Khanong, Krung Thep Maha Nakhon 10260
  • 地図:グーグルマップが開きます!

2019年5月時点では、駐車場は無料でした!

Whizdom Club情報

飲み物の購入が可能

入口を入ると、飲み物の買えるカウンターがあります

コワーキング・エリア

落ち着いた色合いの調度品に静かなスペースが広がっています!

無料Wifi完備

TRUE DIGITAL PARKのおひざ元ですから、高速インターネット接続が提供されます!

【ご参考】101 The Third Place レストラン情報

   

1階には、一風堂、てんや、かつや、吉野家、大戸屋などの一般的なモールにある日系レストランからローカルのフードコートなど豊富です。

 

地下2階には、Top’sとローカルフードコーナーがそろっています。

まとめ

2019年5月時点では、ソフトオープンでしたので、まだ混雑していませんが、テナント・居住者も増えると混雑が予想されます。

バンコクのノマド・ワーカーにはおすすめです!

そのほかの方は、様子見でしょうか?

プンナウィティに行った時の時間つぶしにはおすすめです。

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!バンコクタイムズ
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

応援のお願い:ランキングに参加しています!

一日一回ポチっと❤️涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

1,169人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
タイでロングステイ
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
バンコクで修業中。

コメント

EnglishHindiJapaneseRussianThai