◇海外駐在してわかった(1)海外駐在・海外赴任の経験は転職に有利か?

この記事は 約4 分で読めます。

最終更新日:2018年10月10日

管理人の「バンコクで修業中。」です。

スポンサーリンク

海外駐在・赴任の経験は転職に有利か?の3つのポイント

  1. 海外駐在経験は転職に間違いなく有利
  2. 海外駐在と現地採用では、待遇・評価は雲泥の差
  3. 帰国後は、海外駐在の経験を前面に転職を有利に運ぼう

ポイントは3つです。

詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

スポンサーリンク

バンコクでロングステイ:生まれ変われるなら海外駐在妻に!

 最近、「バンコク」「海外駐在」の検索でアクセス数がアップしてるんだけど…

この記事だろうな!

生まれ変われるなら駐妻に?バンコクで自殺?タイでロングステイ(10)
最終更新日:2018年9月19日 念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。 2018年9月12日 バンコクで日本人女性(35)が転落...
スポンサーリンク

【告白】私が13年務め海外駐在も行かせてもらった大企業に別れを告げ外資系転職を決めた3つの理由

もともと、海外駐在と言うよりは、管理人自身の外資転職経験をお伝えしたいと思って始めたんだけど…

 海外駐在も終わりを告げるころに転機があり、外資系企業への転職を決意したのがこの記事ね。

日本に帰国してからの外資系企業への転職のまとめがこちら!

スポンサーリンク

海外駐在と現地採用は「天国と地獄」

海外で働きたい奴らは、「海外駐在」でも「現地採用」でもどっちでも良いと思ってんじゃねーかな?

管理人

いや、『海外駐在と現地採用は「天国と地獄」』くらい違うんだ。

管理人は、海外駐在と現地採用を経験してるからな。

この違いを語りだすと、シリーズ化できるくらいネタが豊富!

記事書きました!下のBookmarkをチェック!

スポンサーリンク

海外駐在と現地採用の待遇の違い

管理人

海外駐在員との待遇の違いは大きく4つだね。

◆海外駐在員の待遇
  1. 経済的保証:駐在員手当、駐在員向け住居
  2. 社会的保証:労働ビザ、日本での立場に下駄を履かせた現地での役職
  3. 医療・健康保険:現地の富裕層向け病院での受信可能なフルカバーの保険
  4. 日本側社会保障の保持:税金、年金、医療保険の継続若しくは任意継続
管理人

全部、インパクト大きいけど、特に「経済的な保障」が雲泥の差だからね。

スポンサーリンク

管理人が「海外駐在・赴任経験は転職に有利」と感じた理由

管理人が、帰国後の転職の際に、面接官が「思い込んでくれてる」と感じたのがこちら!

海外駐在員への思い込み
  1. 「国際経験豊富」と思い込まれる
  2. 「英語ができる」と思いこまれる
  3. 「ビッグ・ビジネスを回してきた」と思いこまれる

 でも、現実は?

海外駐在員の現実
  1. 海外営業は日本では間接営業で、海外に出ると直接営業しなければならないので、とても苦労した
  2. 日本で学んだ机上の英語はできるものの、現地での生きた英語には苦労した
  3. 現地では、日本での立場より一ランク上の下駄を履かしてもらうので良い役職に就くものの、それ相応の経験が不足しているため大変苦労した

若くて経験の無い青二才が、海外で経験豊富なオジサン相手に苦労するんだよ、現実には(笑)

でも、海外駐在の経験者は、間違いなく「希少価値」と「特殊な経験」と日本での面接官の目には映るからね。

スポンサーリンク

管理人の個人的なまとめ

転職の際には、自身の実績・経験を効果的に伝える為にはある程度の功績を良さげに見せる為には「箔」が必要で、その「箔」が期待以上に評価されたと感じました。実際に、経験以上にビッグ・ディールに携わった経験や海外での交渉などかけがえのない経験をしていることは確かですが。

 

管理人

 みなさまの参考になればうれしいです。

参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

 

スポンサーリンク

海外駐在・現地採用・海外ノマドの記事はこちらをチェック!

スポンサーリンク

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で