スポンサーリンク

タイ・バンコクでロングステイ(17):凍結!マレーシアマイセカンドホーム

スポンサーリンク

f:id:lukehide:20181005191520j:plain

最終更新日:2018年10月5日

管理人の「バンコクで修業中。」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシア・マイセカンドホーム凍結!

  1. マレーシアは、12年連続ロングステイしたい国
  2. MM2Hの発給が凍結と「東方日報」が報道
  3. 中国人の大量流入に「快く思わない人」いるらしい

ポイントは3つです。

詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

マレーシア 12年連続首位@ロングステイ ランキング

マレーシア、大人気だよね!

管理人も、シンガポールに駐在してた頃はしょっちゅうドライブ・旅行してたけど、良い国だったよ。

タイ王国は、7年連続、第二位か?

二位じゃだめですか、BY 蓮舫(笑)

MM2H:Malaysia My Secound Home(マレーシア・マイ・セカンドホーム)

f:id:lukehide:20181005194256j:plain

管理人は、マレーシアへの「海外移住」も検討してたよね。

そうなんだよ。 マレーシア、いつも暖かいし、飯はうまいし!

そんな事か、バンコクも一緒じゃねえか(笑)

【悲報】マレーシア・マイセカンドホーム凍結!

マレーシアの「東方日報」に「MM2H申請凍結」と載ってたらしいぞ!

マレーシア移住希望者、上を下への大騒ぎらしいな。

背景に中国人の影?

実際は、「発給は遅れている」が「新規申請は受け付けている」らしいよ。

そりゃ、なぜだ?

マハティール首相が復帰したのは知ってるか?

マレーシア建国の父だろ?

それは、「シンガポール建国の父、リー・カン・ユー」の通称だ(笑)

マハティールさんの復帰とどう関係するんだ?

首相が交代すると「官庁」に大幅な変更があるよな、大臣も変わるし!

たしかに、「大臣名」で発行される書類の大幅な変更が出るな、それでか?

マハティールは「中国人」大量流入にあまり快くおも・・・

ないらしい。

役人の忖度か?

申請条件も、基本ゆるゆるだから。

  • マレーシアと国交のある国の方ならどなたでも申請出来る最長10年の長期滞在ビザです。
  • 年齢制限はありません。
  • 申請時に経済的証明をする必要があります。
  • 10年後も移民局から認められれば更新も可能です。
  • 永住はできません。また永住権の獲得もできません。
  • 申請者は配偶者と21歳未満の未婚の子供、60歳以上の両親を同行させる事が可能です。
  • マレーシア人と結婚した外国人も申請が可能です。(配偶者ビザの申請も可能です)。

マハティールの「鶴の一声」で「本格的」凍結もあるかもな。

マレーシアを目指していた人が、タイに流れて来るな(笑)

f:id:lukehide:20180914151415j:plain

ちょっと様子見じゃな!


★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

タイ・バンコクでロングステイ関連記事はこちらをチェック!

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ